のんびり生活備忘録

シンプルで楽しい子育てと暮らし

【読み聞かせ】図書館で借りた絵本(2020年2月前半)

【スポンサーリンク】

f:id:hatimitu-m03:20200301054705j:plain

 

『ぴよぴよぴよ』

文字がほぼ「ぴよ」のみです(笑)

0歳から楽しめる絵本だと思います。

わたしが好きな本、『子育てを感動にするおもちゃと絵本』でも、118ページで紹介されています。

藤田篤さんによると、言葉の響きを楽しむ絵本だそうです。

大人は「ぴよぴよ」ばかりでつまらないと思うかもしれませんが、子供は大喜び。

さらに、主人公はたくさん出てくるひよこではなく、黒猫らしいのです。

黒猫の動き、気持ちに、子供は気付くかな?

そんな視点で読むこともできます。

 

娘はなぜか鳥のことを「ぴよこちゃん」と言っています(大きくても)。

保育所ではそう呼んでいるのか、ひよこが言えていないのか……。

今だけの言葉だなぁとほほえましいです^^

 

『みずちゃぽん』

「ぴちゃ」

「ぽと」

「ぽた」

「ぽしゃ」

など、水の音が色々出てきます。

こちらも言葉の響きを楽しむ絵本ですね。

水ひとつとっても、色んな音が楽しめます。

どんどん水が増えていくので、「水が溜まる」ということにも気付くかもしれません。

こちらも0歳から楽しめる絵本です。

 

『たたくとぽん』

たまごをたたくとひよこが生まれて……。

にわとりの成長を楽しむ絵本かと思ったら、最後には……。

「ぽん」が繰り返されるので、繰り返しが大好きな子供にぴったりの絵本です。

こちらも0歳から楽しめそうです。

たまごの本は4巻あるそうです。

セット販売もされているので、出産祝いによさそうです。

 

『よこむいてにこっ』

真顔で正面を向いていて、横を向くとにこっと笑う、の繰り返しです。

動物だけかと思ったら……。

こちらも繰り返しが楽しい絵本です。

0歳からいいですね。

 

『ぱくり』

ありがクッキーをぼりぼり……など、食べる時の擬音語が楽しい絵本です。

こちらも音の響きを楽しむ絵本ですね。

 

『なかよしいっしょ』

シャベルとバケツなど、一緒に使うものが色々出てきます。

いっしょに使う道具、次のページには道具を使っているなかよし2人。

道具の名前の紹介や、一緒に使うものがあることの気付きになります。

繰り返しの絵本でもあります。

身近な道具は子供が大好きです。

 

『ぼくはからっぽぱんつくん』

からっぽのぱんつくんに色んな足が入ってきます。

これはだあれ?

と聞きながら楽しく読める絵本です。

ぼくはからっぽパンツくん

ぼくはからっぽパンツくん

  • 発売日: 2008/07/01
  • メディア: 単行本
 

 

『でたでたうんち』

性懲りもなく、トイレの絵本(笑)

赤ちゃんはおむつだけど、ぼくはトイレでうんちできるよ!

そんな風になってほしいなぁ。

なぜならおむつ代が減るから……^^;

おしっこは時々トイレでしますが、うんちはなかなか難しいみたいですね。

トイレの絵本を紹介しつつ、気長に待つとします。

 

今回は少し幼い絵本を中心に。

文字の少ない、音の響きを楽しむ絵本をたくさん借りました。

こんな絵本を楽しめるのも今だけかな、と思ったので。。

年齢に合った絵本を図書館で見つけ出すのって、なかなか大変ですよね。

色々紹介して、子供と好きなものを探していこうと思います^^

 

↓ランキングに参加しています。応援クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

↓楽天ROOMにこのブログでご紹介したものなど集めているのでぜひ遊びにきてください♪

f:id:hatimitu-m03:20190207064829j:plain