のんびり生活備忘録

シンプルで楽しい子育てと暮らし

娘の成長記録 2歳4ヶ月

【スポンサーリンク】

身長:81.4cm

体重:10.5㎏

 

体のコントロールが上手になってきた

この前、大きな遊具のある少し遠い場所の公園に行ってきました。

格子になっている縄をのぼったり、足場が数センチ間の空いているつり橋部分もあって、

「こんな難易度の高そうなもの、2歳児も遊べるのかな?怖がらないかな?」

と思いながら、娘の後をついて行きました。

落ちてはいけないので見守っていましたが、結果、すべてをクリア。

縄に足をかけ、交互に縄をつかんで進む。

つり橋も慎重に足を運び、前から人が来たらはしに避けて進んでいました。

とっても集中している様子。

一度も助けを呼ぶことなく、最後の滑り台を滑って、やりきった感満載の笑顔。

自分の体をしっかりコントロールできるようになってきているんだなぁ。

娘の成長を感じました。

途中、「危ないよ」「大丈夫?」など声をかけたくなりましたが、ぐっとがまん。

集中を途切れさせないでよかったです。

ホント、育児は親の忍耐が試されますね。

 

後日、もっと難しいアスレチックのある公園に夫が連れて行った際には、登るだけ登って、「こわい」と助けを求めてくることが多かったとか。

やはりいきなり難易度を上げるのではなく、

「これはギリギリできないかな?どうかな?」

くらいのもので遊ばせてあげると、

「挑戦」→「成功」→「達成感」

の図式ができるのかなと思います。

 

体を動かすことが大好きなようなので、休みの日にはなるべく外遊びに連れて行きたいと思っています。

 

「かわいい」「かっこいい」「きれい」など形容詞を使うようになってきた

ある朝、わたしが着ている服を指差して、

「きれいね、おはな」

と言ってきました。

その時、花柄の服を着ていたのですが、そんなこと初めて娘に言われたのでびっくりしました。

最近、

「かわいいね」

「かっこいいね」

「きれいね」

などの形容詞を娘の口からよく聞くようになりました。

自分の服を選ぶ時も、

「かーいー(かわいい)」

と、花柄の服やフリルの服を選んだり。

自分の好みが少しずつできてきたのかな。

たまにその組み合わせはどうかな?という服も選ぶけど、選んだものは着せてあげるようにしています。

今はほぼおさがりを着ていて、文句も言わないけど、そのうち好みがうるさくなったりするのかな。

楽しみなような、こわいような(金銭的に)…。

 

自宅のトイレでおしっこできた

しばらくトイレに誘っても、

「おしっこでてない」

と、おむつがパンパンの状態で逃げ回られていました。

いや、出ているし、出ていないならトイレでしてよ~!

と、心の中で叫んでいましたが、あまり無理強いしてトイレが嫌いになっても困るので、

「おしっこある?」

「トイレにいく?」

という声かけだけしていました。

 

ある時、珍しく

「トイレいく」

と言ってトイレに入り、補助便座を置くと自分で便座によじ登り(落ちそうでこわい)、やっとこさ座ると、しーっとおしっこすることができました!

これまで座りはしても出なかったのでびっくり。

終わると、わたしが渡したトイレットペーパーでふきふき。

便座から降りると、自分で水を流し、手を洗うところまでやりたがりました(ここはだっこ。ふたの上に乗りたがるけど、壊れそうだからやめてほしい)。

できたのは今のところ1度だけ。

最近、おまるでも自分のタイミングで座ってできましたが、こちらも1度だけ。

期待しすぎていやにならないように、声掛けをがんばる毎日です。

ズボンを上手に脱げないし、トイレットペーパーもうまく引き出せないので、完全に自分だけでトイレに行くのはまだまだ先なのでしょうね。

いつかできる日を楽しみに、娘の成長を見守りたいと思います。

 

↓ランキングに参加しています。いつもクリック応援ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ