のんびり生活備忘録

めんどくさがりワーキングマザーの子育てと暮らし

WorldwideKidsと子供チャレンジEnglishのおためし教材を取り寄せてみました

【スポンサーリンク】

昨日はクリスマスでしたね。

みなさん楽しいクリスマスになったでしょうか?

 

今年の娘のクリスマスプレゼント。

当初は木のおもちゃにしようと思っていたのですが、色々悩んだ結果、WorldwideKidsのStage1にしました。

WorldwideKidsをはじめるにあたってサンプルを取り寄せたのでご紹介しますね。

 

WorldwideKidsはベネッセの英語教材です。

ベネッセは幼児用の英語教材をWorldwideKidsと子供チャレンジEnglishの2つ扱っています。

比べてみたくて今回どちらも取り寄せてみました。

 

そもそもなぜ興味を持ったのか

わたしは塾に行った事もない人間だし、英語も苦手です。

子供に望むことは健康な体と生きる力を身に付けること。

勉強などは本人のやる気次第、親ができることは無いと思っていました。

しかし、最近言葉に興味を持って親の真似をして発音しようとしているのを見ると、このタイミングで英語に触れたらどうなるのだろう、と興味がむくむく沸いてきてしまって。

そんな時ベネッセが幼児用の英語教材を扱っていることを知ってしまったのです。

 

わたしは中学最初の英語でつまづいてしまって。

その後も大嫌いでした(^^;

なんでも感覚でやってしまうたちで、自分の中にない英語をなかなか受け入れられなかったというか……。

まあ、わたしの努力不足なんですが。

今後英語を勉強として身につけるかどうかは子供次第だけど、幼児期に英語に触れておくのは悪くないんじゃないか?

娘たちは小学校から英語教育が始まるし、楽しく学ぶきっかけになるかもしれない。

というか、日常的にあるものだと思えば「学ぶ」という感覚なしに取り込んでくれるかもしれない。

机に向かって見る、書くではなく、DVDや絵本、おもちゃのやり取りで楽しく英語に触れてほしい。

そう考えました。

それができるのは親とやり取りの多い今しかない!……かも、と。

 

幼児の英語教材をいくつか調べてみた結果、コスパ的にも内容的にもいいなと思ったのがベネッセのWorldwideKidsと子供チャレンジEnglishでした。

子供が興味を持たなければはじまらない。

とりあえず試してみよう。

ネットで簡単に無料サンプルを取り寄せられました。

 

 

WorldwideKids

WorldwideKidsは、日本語が使用されていない、All Englishの英語教材です。

特徴

・ネイティブと同程度の6,000語に触れられる。

・グローバルカリキュラムで、多様な社会で考え、伝える力を養う。

・伝えたいことを引き出し、英語を言葉にするやりとり体験が充実。

・0歳~小学校入学前まで使える、0~6のステップアップ教材。

・保護者サポート、会員限定のアプリがある。

・会員専用ワークショップ、連動した英語教室、英語イベントがある。

・1Stage30,000円。Stage1から6まで、1歳6ヶ月からはじめて小学校入学まで4年間半使うと1ヶ月換算で3,600円(2018年12月現在)。

・支払いは一括払いか2回払い。(2018年12月29日までStageごと払いができるキャンペーン中のチラシが入っていました)

・教材の配達は一括配達か2ヶ月ごとの定期配達かで選べる。

・途中退会可能。

 

f:id:hatimitu-m03:20181223071854j:plain

そしてやってきたサンプルがこちら。

・パンフレット

・オリジナルキャラクターのパペット人形(紙製)

・絵本サンプル1冊

・DVD1枚

 

さっそく娘にDVDを見せてみました。

内容は、

・オリジナルキャラクターたちが歌う、しゃべる。

・英語の歌(色んな国(?)の子供たちが出てきます)

・絵本のアニメーションバージョン

・オリジナルのアニメーション

などでした。

 

娘の反応はというと、じっとテレビ画面を見て、歌の場面では楽しそうに体を揺らしていました。

お、好反応?

パペットも見せてあげるとすぐに気に入り、フルーツの絵が描かれた丸い紙をパペットの口に入れる遊びを始めました。

物を容器に落とす遊びが好きなので、すぐに遊び方が分かったよう。

食べさせている自覚があるのかはなぞです(笑)

 

日本語はありませんが、映像で意味がわかります。

日本語で考えながらではなく、英語をそのまま取り込むにはいいかなと思います。

絵本も世界の絵本作家さんのものなので、日本の絵本とはまた違った絵やストーリーに触れられそう。

親がやり取りしながらアウトプットしていかなければいけませんが、親のためのガイドもついているし、サポートもあるので、その点は好印象です。

ただ、わが家からは教室などが遠く、体験の場がないのが残念。

 

子供チャレンジEnglish

続いて、同時に取り寄せた子供チャレンジEnglish。

特徴

・しまじろうが出てくる。

・3月に開講。2ヶ月に1度届く。

・語彙数1,962語。

・DVDは日本語と英語が混ざっている。

・受講費1回あたり3,571円(1月換算で1,786円)から始められる(2018年12月現在)。子供チャレンジ会員だと割引あり。

・年齢にあった教材を届けてくれる。

 

f:id:hatimitu-m03:20181223071901j:plain

・パンフレット

・絵本サンプル2冊

・DVD1枚

 

こちらのDVDも見せてみたところ、同じように楽しんでいました。

内容は

・しまじろうやお姉さんが歌って踊る。

・アニメーションやお兄さんが発音を教えてくれる。

・しまじろうたちが日本語と英語で話しかけてくれる。

など。

歌や踊りが大好きなので、英語でも楽しんで見てくれる時期なのかもしれません。

しまじろうやオリジナルのキャラクター、かわいいお姉さん、お兄さんが笑顔で英語を話してくれます。

映像はとてもきれいです。

 

絵本は厚紙でしっかりしています。

f:id:hatimitu-m03:20181223071945j:plain

2冊とも仕掛け絵本になっていて、このように開いて楽しむことができます。

サンプルなのにちゃんとした絵本で驚きました。

WorldwideKidsのサンプル絵本はペラペラだったので(笑)

(サンプルに力を入れすぎていてもなんなので別にいいんですが)

絵本棚に入れておくと、他の絵本と同じように読んでと持ってきます。

 

しまじろうが話しかけてくれるので、子供チャレンジをやっていて、しまじろうが好きな子にはとりかかりやすい印象でした。

2ヶ月に1回届くので、楽しめる反面おもちゃが増えていきます。

飽きやすい子の興味を引きつけておくのには効果的なのかもしれません。

 

試してみて

英語に触れる多さとしてはやはりWorldwideKidsに軍配があがるかなと。

子供チャレンジEnglishは日本語がたくさん出てくるので、もう日本語がしっかり話せる子には入りやすいのかな?

せっかく言葉をたくさん取り込んでいく時期なので、All EnglishのWorldwideKidsに興味を引かれました。

 

しかし、おうちで英語体験をしていく場合、ネックなのは親のモチベーション。

DVDを見せただけ、CDを聞かせただけでは効果半減かなと思いました。

親が英語で話しかける、英語で遊ぶ体験が必要ですよね。

そしてわが家は共働きなので子供と遊ぶ時間が1日に30分~1時間とれるかどうかです。

パンフレットでは、親の英語がつたなくても、発音が間違っていても大丈夫、DVDのネイティブな発音を聞いて修正されます、となっていました。

1日15分~30分でも親子で英語に触れる時間がとれたら違うかな。

絵本もDVDやCDで聞くことができるなら一緒に覚えていけるかも(市販の英語絵本をちゃんと読んであげられる自信は皆無)。

親のガイドもついているし、なんとかなるかもと思えました。

 

中古を購入することも考えましたが、アプリやサポートの使用を考えると入会してしまった方がお得かなと。

教材に不備があれば取り替えてもらえますし。

そしてクリスマスプレゼントだと思えば多少奮発してあげられる!

ということで、WorldwideKidsをクリスマスプレゼントにすることにしたのでございます。

届いた教材のご紹介はまた。

 

おためし教材でも高品質で楽しめると思うので、ご興味のある方は試してみてはいかがでしょうか?

電話やDMの勧誘が多少ありますが、しつこいというほどでもありませんでしたよ。

 

↓ランキングに参加しています。ポチッと応援してもらえるとうれしいです♪

にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ