のんびり生活備忘録

めんどくさがりワーキングマザーの生活の記録

産院退院後の生活 新生児と暮らすと起こる不思議現象

【スポンサーリンク】

産後退院してからの様子です。

 

出産して退院後、1週間母にきてもらい、

体を休めながらの子育てがはじまりました。

出産前に想像していたより体の疲労は重く、

妊娠前に戻るには時間がかかりそうでした。

 

母がいてくれた期間、

わたしがやった家事は洗濯機を回すくらいで、

あとはすべて夫と母にまかせて布団ですごしました。

娘と布団を並べて、眠いときには寝て、

3時間を目安に授乳をし、

こまめにオムツをチェックしました。

授乳のために長時間ぐっすり眠れないのがつらいところです。

そしてあまりに子供が動かないので、

目を覚ますたびに息をしているか確認しました。

ずっと泣かれるのもつらいですが、

ずっと寝ているのも不安(>_<)

なにかお世話をするたびに、

枕元に置いておいた育児日誌に書き込みました。

沐浴は夫におまかせしました。

当時は授乳の後にミルクを足していたので、

夫ができるときは昼間も夜中も作ってもらいました。

夫は娘とすごせるのがうれしくて、

眠っているときまでだっこしていたがって困るほどでした(^_^;)

 

わが家は2階建で、寝室は2階にあるので、

階段で娘をだっこして降りるのがこわくてこわくて。

靴下もスリッパも履かずにすごしました。

暖かい時期でよかった。

 

産後は目をつかわないようにした方がいいと聞いていたので、

スマホもパソコンもテレビも見ない生活。

気晴らしに少しだけ漫画を読んでしまいましたが。

あんまり大きな音を聞かせたくないので、

ラジオも音をしぼって少しだけにしました。

楽になったことは、ごはんがおいしいこと。

胃を圧迫するものがなくなって、

ごはんがおいしくいただけるのはうれしかったです。

甘いものや脂っこいものは控えましたが、

あとはおなかいっぱい食べました。

母乳のためにと言い訳しながら(笑)

 

部屋のなかに娘がいるのを見ると、

なんだか不思議な感じでした。

この前までこの部屋には存在しなかったのに。

どこからきたの?

って感じでした。

いや、わたしのおなかからですが(笑)

 

新生児と暮らしていると、

他にも不思議現象が起こります。

ある日ふと夫の寝顔を見ると思いました。

あれ?

こんなに顔大きかったっけ?

夫に話すと、夫もわたしが大きく感じるそう。

小さな我が子を至近距離で見る生活で、

感覚が少しおかしくなったみたいです\(◎o◎)/

 

それからわが家では、

大人を大きい人間、

子供を小さい人間、

と呼んでいます(笑)

ちっちゃい体で動いているのが本当に不思議。

1歳の今もアンバランスさに(頭とおなかが大きくて足が細い)笑えます。

 

初七日には母がお赤飯と鯛を用意してくれた上に、

半紙に筆で名前を書いてくれ、

3人でささやかにお祝いをしました。

 

1週間後、いくつか常備菜を置いて母は帰っていきました。

初産で不安だったので、ほんとうにありがたかったです。

 

ランキングに参加しています。

ポチッと応援してもらえるとうれしいです♪

にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ