のんびり生活備忘録

シンプルで楽しい子育てと暮らし

【おうちモンテ】花を生けるお仕事

【スポンサーリンク】

モンテッソーリ教育では、小さい子供も花を生けます。

子供ができるように環境を整えてあげると、小さい子供でも花を生けるお仕事をすることができるんですね。

今回は小さなひまわりがかわいかったので購入してきました。

 

f:id:hatimitu-m03:20200605052940j:plain

こんな感じで用意。

・花瓶

・ピッチャー(計量カップ)

・水切りをするボウル

・はさみ

・スポンジ(写真に写っていませんが)

はさみが使えない年齢の子は、すでに花瓶に合わせて切ったお花を用意すればOK。

水がこぼれるのが心配な場合はトレイを用意してください。

 

さあ、水切りをやってみよう。

f:id:hatimitu-m03:20200605053135j:plain

はさみの持ち方変ですが^^;

ボウルが深かったので、切りにくかったようです。

平たい洗面器か、洗面所でやるのがいいのかも。

用意する大人の課題ですね。

水の中で切ってあげると、お花が元気になるんだよ、と言葉を添えつつ。

 

f:id:hatimitu-m03:20200605053012j:plain

花瓶に水をそそいで。

f:id:hatimitu-m03:20200605053020j:plain

こぼれたところはスポンジでふきふき。

水がこぼれないように注意するのではなく、こぼれたら拭けばいいと拭き方を教える、拭くものを用意しておくのがモンテッソーリ教育流。

こぼして怒られてもどうしていいかわかりませんもんね。

こぼれてしまっても失敗ではない。

対処したらいいんだよと教えてもらっていれば、何事にも慌てない大人に育ちそうです。

スポンジはセルローススポンジ。

普段は硬く、水を吸うとやわらかくなるのが子供に面白いスポンジです。

 

f:id:hatimitu-m03:20200605053033j:plain

さあ、お花を花瓶へさして。

お花のお顔が見えるといいね。

f:id:hatimitu-m03:20200605053145j:plain

ぬれてしまったはさみも拭いてあげて。

本当は専用のはさみがいいのだと思いますが、子供用サイズはなさそうなのでいつものはさみです^^;

f:id:hatimitu-m03:20200605053309j:plain

かわいく生けられたね。

 

・はさみを使う

・水をあけ移す

・机を拭く

いくつもの要素が合わさったお仕事です。

 

真ん中の部分を触ってみて、「茶色いね」と話したり、観察したり。

生け花だからこそ近くでじっとみたり触ったり、においをかいだりできます。

「おしべとめしべかな?」

なんて話してしまいましたが、後で調べてみると、ひまわりって花が密集しているんですね。

中心は管状花(筒状花)が密集しているのだとか。

うーん、母が勉強することがいっぱい。

ともかく、花を生けることで、植物学にも通じていくようです。

子供が4歳くらいになったら、また一緒に詳しく調べてみたいと思います。

 

こんな風に環境を整えて、生活する術、生活を楽しむ術を教えてあげるモンテッソーリ教育。

親も子供も気持ちよく生活できそうです^^

 

あ、ちなみに花瓶は無印良品のものです。

縦長のものもほしいなぁ。

こんなかわいい花瓶も楽しい^^

醤油さしのふたをとっても小さな花瓶になります。

わが家ではまだ持っていませんが、ドイリーをしくとよりきれいです。

 レースがかわいい。

花瓶やドイリーを子供と選びに行くのも楽しそうですね。

 

↓ランキングに参加しています。応援クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

↓楽天ROOMにこのブログでご紹介したものなど集めているのでぜひ遊びにきてください♪

f:id:hatimitu-m03:20190207064829j:plain