のんびり生活備忘録

シンプルで楽しい子育てと暮らし

【siroca電気圧力鍋】で作る蒸し豆とアレンジ料理

【スポンサーリンク】

最近豆を食べることを意識しています。

「まごわやさしい」を取り入れているし、娘も豆が好きなようで、たくさん食べたいなと思うようになりました。

siroca電気圧力鍋のレシピ本には大豆の水煮レシピが載っています。

作ってみるととっても簡単でした。

しかし、勝間和代さんがホットクックで蒸し豆を作られていると知って、わが家でも作れないかな?と思い、siroca電気圧力鍋で作ってみました。

とっても簡単にできましたよ♪

 

蒸し大豆の作り方

使ったのは勝間さんも愛用されている、こちらの茹で上げザル。

まずは、乾燥大豆を水につけて戻します。

f:id:hatimitu-m03:20190727163133j:plain

ザルに入れて、ボウルに入れた水につけます。

8時間くらいなので、夜につけて朝蒸すか、朝つけて夜蒸すか、やりやすい方で戻したらいいですね。

f:id:hatimitu-m03:20190727163229j:plain

戻った大豆を水からあげてうち鍋にセットし、水を200cc注ぎます。

ふたを閉めて、プリセットメニューの中から『野菜』を選んでスタート。

加熱後、ピンが下がるまで待って完成です。

簡単に蒸し大豆ができました♪

f:id:hatimitu-m03:20190727163121j:plain

できあがりがこちら。

見た目あまりかわりませんね(笑)

f:id:hatimitu-m03:20190727163117j:plain

『野菜』メニューの蒸し時間は1秒なので火が通るか心配でしたが、ちゃんと通ってました。

食べてみるとほくほくの食感。

大豆のうまみがしっかり感じられるけど、くせがないので何にでも合いそう。

水煮とはまた違うおいしさです。

蒸し大豆はうまみや水溶性の栄養が水に溶け出さないので、おいしく栄養たっぷりだそうです。

今度は他の種類の豆と一緒に蒸して、自家製ミックスビーンズを作ろうと思います。

こんなに蒸しても100円くらいなので、料理のお肉の量を減らしてお豆でボリュームを補えば節約にもなりそうです。

カレースプーン1杯の大豆で生野菜サラダひとり分の食物繊維がとれるそうなので、食物繊維不足も補えそう。

 

蒸し大豆のアレンジ

とりあえず色々な料理に混ぜ込んでいます。

カレーシチュースープに入れると違和感なくボリュームアップし、食感も楽しめます。

大豆と言えば煮物でしたが、箸で口に運ぶのって結構面倒(笑)

スプーンで食べられるメニューにするとパクパク食べられます。

グラタンキッシュスパニッシュオムレツにもいいかも。

 

最近はサラダにもよく混ぜています。

くせがないので、サラダに入れても違和感がありません。

 

お弁当や子どもにおすすめなのはケチャップ炒め

蒸し豆だけでもいいし、玉ねぎとベーコンを加えればうまみが加わり、とってもおいしい。

しっかりとした1品になります。

 

ごはんに混ぜると無理なくごはんの量が減らせて栄養がアップします。

まず大豆から食事をはじめる「大豆ファースト」という言葉もあるそうです。

食物繊維が豊富な食品から食事をはじめると、血糖値の急上昇や脂質の吸収を抑える効果が期待できるそうです。

太りたくない、でもおなかいっぱい食べたい!という方には、蒸し大豆がいいおすすめ。

 

そのままでもおいしいので、子どものおやつにも。

塩と青海苔をまぶしたり、きなこと黒蜜で和菓子風にしてもおいしいです。

 

簡単にできて、アレンジしやすい蒸し大豆、おすすめですよ~。

 

↓ランキングに参加しています。いつもクリック応援ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

↓楽天ROOMにこのブログでご紹介したものなど集めているのでぜひ遊びにきてください♪

f:id:hatimitu-m03:20190207064829j:plain