のんびり生活備忘録

めんどくさがりワーキングマザーの子育てと暮らし

GW四国滞在① アンパンマンミュージアムに行ってきました

【スポンサーリンク】

みなさん、GWはどのようにお過ごしでしたでしょうか?

GWはわたしの勤める会社も奇跡的に10連休でした。

こんな連休は二度とない気がする……

せっかくなので、四国の親戚のところへ遊びに行きました。

4月27日~5月2日までの6日間。

遊びました~。

こんなに連日遊んだり外食したりすることがないので、娘も疲れたことでしょう(^^;

あいにく天気はいまいち、気温もいつものGWよりかなり低く、暑いイメージだったので驚いてしまいましたが。

この旅行の一番の目的といってもいっても過言ではない、「アンパンマンミュージアム」に行った日は晴れていたので、たくさん遊ぶことができました。

 

香美市立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム&詩とメルヘン絵本館

高知県香美市にある、アンパンマンミュージアム。

開館時間:9:00~17:00(入館16:30)

休館日:毎週火曜日

(但し、無休期間あり)

入館料: 大人 700円

      中学生・高校生 500円

      3歳以上小学生 300円

      3歳未満無料

(団体割引あり、詩とメルヘン絵本館のみの料金もあり)(2019年5月現在)

館内では写真やビデオの撮影がやなせたかし先生によって特別に許可されています。

子供連れが多いのでうれしい配慮ですね。

しかし、SNSやブログへの掲載は禁止されているので、残念ながら館内の写真は載せることができません。

なので、中の写真は出てきませんのであしからず。

 

さて、わが家にはアンパンマンは絵本が2冊しかありません。

特別おかしやおもちゃを買うこともしていませんでした。

しかし、外出していると目ざとくアンパンマンを見つける娘。

どんな反応をするのかと思っていましたが……

大興奮でした。

それはもう、すごかった。

どこでそんなに好きになったのかわからないのですが、始終、

「アンパンマン、アンパンマン、アンパンマン!」

と叫んでいました。

アンパンマンには子供をひきつけるなにかがあるのでしょうね。

外にはオブジェや子供が遊べる遊具があります。

遊具を見つけて走っていく娘。

しばらく館内に入ることすらできませんでした(笑)

GWの渋滞で思ったより到着が遅くなり、お昼時だったので、目の前の道の駅でお弁当を買って、遊具近くの芝生の上で食べました。

館内にはレストランがないので、持ってくるか、道の駅に行くか、隣のホテルで食べるかになりますね。

しばらく遊具で遊んでから館内へ。

f:id:hatimitu-m03:20190506073508j:plain

アンパンマンミュージアムのパンフレット

f:id:hatimitu-m03:20190506073415j:plain

館内は楽しい工夫がいっぱい

4階ギャラリー

まず、階段をのぼって4階のギャラリーへ行きました。

ギャラリーにはやなせたかし先生の絵が飾られています。

大人も楽しめる空間です。

じっくり見たいところでしたが、娘がちょろちょろしているので追い掛け回しているばかりでした。

アンパンマンはアニメでしか見たことがなかったので、もともとの絵やお話を見ることができて面白いです。

 

地下1階 アンパンマンワールド

次は地下1階へ。

そこはアンパンマンワールドが広がる、子供にとっては夢の空間でした!

パン工場に入ったり、アンパンマンの街のジオラマが広がっていたり、もぐりんを操縦したり。

子供目線に色々なしかけがあるので、娘は夢中であちこち見ていました。

アンパンマン号に乗って写真を撮ることもできます。

 

アンパンマンシアター

アンパンマンシアターでは、やなせ先生の思いを描いたアニメを上映していました。

アンパンマンに込めた気持ち、子供達に真摯に向き合って「愛と勇気」を伝えようとなさっていたお姿を観る事ができました。

「アンパンマンのマーチ」の歌詞もやなせ先生がお作りになっていたのですね。

不思議な歌詞だと思っていましたが、改めて歌詞を聞いてみると子供達へのメッセージが詰まった素敵な歌です。

過去のアンパンマンのアニメを上映している日もあるようです。

遊びつかれたら座ってゆっくりすることができます。

 

詩とメルヘン絵本館・別館

館内を堪能した後は外へ。

石で作られたキャラクター達に娘がハグして行きます。

GW期間中は別館にミュージアムショップが移動していました。

娘が興奮しそうなので、入りませんでした(^^;

まだ「買って」とか言わないのでちょっと見てみればよかったな。

アイスを食べていた人がいたので、売っていたのかもしれません。

「詩とメルヘン絵本館」も共通券で入ることができます。

が、じっくり観る事ができそうになかったので入りませんでした。

「詩とメルヘン」はやなせ先生が作っていらっしゃった雑誌です。

表紙はすべてやなせ先生が描かれていたそうです。

また行く機会があれば、じっくり読んでみたいなぁ。

漫画や絵の展示もあるようです。

 

やなせたかし記念公園

「詩とメルヘン絵本館」と「別館」の先には、やなせたかし記念公園があります。

石でできたアンパンマン達がたくさん。

ここでも娘はひとつひとつに近づきます。

写真を撮られまくっていたせいか、近づいては「さあ、撮って」とばかりにポーズをとる娘(笑)

後から振り返ると、写真の数がえらいことになっていました(´▽`)

まあ、いいでしょう(笑)

しっかりアンパンマンミュージアムを堪能したのでした。

大人も子供も楽しめるアンパンマンミュージアム、おすすめです♪

 

▼アンパンマンミュージアムのHPはこちら

anpanman-museum.net

▼アンパンマンミュージアムのお隣にあるホテル。

 やなせ先生の世界観を表現したホテルだそう。

 小さな子供に配慮したお部屋になっているようです。

 ゆっくり泊まってみたい。

6thdiary.jp

▼道の駅美良布情報

 ここでお弁当を購入しました。

www.city.kami.lg.jp

  

↓ランキングに参加しています。いつもクリック応援ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

↓楽天ROOMにこのブログでご紹介したものなど集めているのでぜひ遊びにきてください♪

f:id:hatimitu-m03:20190207064829j:plain